タブレット学習のメイン教材は学研おうちゼミに決定【小学1年生の学習メモ】

タブレット学習のメイン教材は学研おうちゼミに決定【小学1年生の学習メモ】

タブレット学習のメインに考えていた学研ゼミ。



一か月の無料期間があるので、タブレットが届いてからすぐに登録していた。その後、ムスメと勉強できる時間がとれた時に「スマートドリル」という学研ゼミの基本となるドリルを試してみた。

これが、どうもしっくりこなかった。ただし、原因はウチのタブレット環境にある。

ウチのタブレットはAmazon Fire HD 8。画面サイズが8インチのタブレットなのだが、これがマズかった。実際にやってみてわかったのだが、スマートドリルをやるには少し小さかったようだ。画面上にあらわれる入力用のキーボードが小さく、ムスメは何度も入力ミスをしていた。これでは勉強どころではないなぁという具合である。

おそらく画面サイズが10インチあれば問題なく入力できるのだろう。しかし、買ったばかりのタブレットを買い替えるつもりはないので、学研ゼミはきっぱりと諦めることにした。

さて、それではタブレット学習はどうしたものかと頭を抱えていたところ、ネットでいい情報を見つけた。スマートドリルと同じ動画が見られる学研のドリル「おうちゼミ」という物があるのだ。

こちら陰山英男氏監修の1日10分で出来ちゃうドリル。国語・算数・さきどり理科・さきどり社会の4教科を1冊に凝縮し、1日1ページ・216日分が収録されている。

スマホやタブレットにアプリをインストールすれば、学習の記録や解説動画(スマートドリルと同じもの)の視聴に加え、ご褒美のキャラクター育成ゲームまで楽しめるのだ。

ムスメ1人でもさきどり学習ができる解説動画と易しいレベルのドリルが収録されている「学研 おうちゼミ」は、ワタシが求めていたタブレット学習にピッタリなのである。

ムスメもキャラクター育成ゲームが気に入ったようだ。勉強したご褒美にもらえるキャラクターの餌目当てでドリルを先に進めたがったが、1日2ページまでという決まりを作った。あまり進め過ぎても頭に残らなければ意味がないのだ。

「おうちゼミ」でさきどり学習をして、理解できていないところはワタシがサポート、無料プリントで基礎的な問題を解いたらグレードアップ問題集へ。しばらくはこの流れでやってみよう。

本日の学習メモ

  • 漢字練習
  • 算数プリント
  • 学研 おうちゼミ
  • NHK for School 見えるぞ!ニッポン(タブレット学習)